https_specials-images.forbesimg.comdamimageserve5b3f1c8cf8cb40f8a870b3c6d83bc4b6960x0 (1)

Cloud 9が5000万ドルの資金を調達 / ブリザードコリアがアカウントシェアで1423人を処分


ロンドン・スピットファイアを所有するCloud 9がスタートアップ企業を対象とした投資モデルであるシリーズBにより、5000万ドルの資金を調達したことがフォーブスのリポートにより明らかになりました。

このシリーズBの投資ラウンドにはValor Equity Partnersを筆頭に様々なベンチャーキャピタルが名を連ねていますが、リポートによると、Cloud 9の創設者でもあるJack Etienne CEOは、現在35名いる運営役員のメンバーをさらに増やすことを検討しており、さらには2019年中にロサンゼルスに完成予定の大規模なトレーニング施設とチーム本部の建設を計画しているとのこと。

Cloud 9は昨年10月にもシリーズAによりプロレス団体のWWEやMLBのハンター・ペンス選手らを含む投資グループから2500万ドルの投資を受けています。

最近ではInfinite EsportsやEcho Foxが大規模な投資を受けた後にも関わらず、コスト削減やレイオフなど組織の再編成を迫られていましたが1、そういった中で、今回のCloud 9による資金調達が今後どのような成果をあげるのか、大きな注目と期待が寄せられているようです。



ブリザード・コリアはアカウントシェアによりシーズン12期間中に1423名をBAN処分したことを明らかにしました。

恒例の公式晒しスレにはBANされた1423人全員のアカウント名が公開されています。ブリザードコリアでは疑わしいアカウントに関してはゲーム内リポートかサポーメールを通じて報告するようユーザーに呼びかけています。

ただし、シーズン11でも1400名以上がアカウントシェアでBANされていますが、今回も処分がアカウントの永久凍結なのか、一時停止処分なのかについては明らかにされていません。

脚注:

  1. https://esportsinsider.com/2018/10/echo-fox-restructure/
    https://esportsinsider.com/2018/10/infinite-esports-and-entertainment-restructuring/