DmMDD2CUUAA9S2F (1)

ヒューストンがMendoとClockworkのスタッフ転向を発表、Mendoのベンチはストレスが原因だったことも明らかに


ヒューストン・アウトローズはDPSの🇺🇸Matthew “Clockwork” Diasがロスターを退き、チームスタッフとしてヒューストンでのキャリアを続けていくことを明らかにしました。

OWLではトレーサーメインとしてプレーしていたClockworkですが、シーズン経過とともに出場機会を減らしていき、ステージ3最終週以降プレーすることはありませんでした。

GMのFlameによると、彼の役割はまだ未定ながらコーチ職ではなく、運営スタッフとしてチームに残ることになるようです。


ヒューストン・アウトローズはDPSの🇸🇪Lucas “Mendokusaii” Håkanssonがロスターを退き、チームのコンテンツクリエイターとして活動していくことを明らかにしました。

Cloud9やFazeでの豊富なキャリアからヒューストン加入時は大きな期待を背負っていましたが、最終的にOWLでプレーすることはなく、ヒューストンではプレシーズンのみの出場に留まっています。

元々配信者としての人気も高く、シーズン中はスクリムに参加することなく配信に専念していたこともあるので、今後もヒューストン専属のストリーマーとしてコンテンツを配信していくことになるものと思われます。

シーズン中はまったく出場機会がなく#freemendoといったミームも生まれましたが、GMのFlameによると、Mendoはストリーマーでいることに喜びを感じていたようで、チームとの契約が切れたことで、今後はOWLのストレスから解放されコンテンツ作成に専念できるとも話しています。

自分はover.ggの記事を読んではじめて知りましたが、Mendoはストレスからくる不安や憂鬱により、リーグでのプレーを辞退していたそうです。チームのためにならないとして、チーム側の申し出も断っていたらしい。

ところで、ちょっと話はそれますが、なぜ選手の退団発表をまとめてやらないのか不思議に思っているファンもいるようで、それについてFlameはこんなことを言ってます。

例えば昨日のFCTFCTNについてですが、単独で発表することでメディアやファンの関心が彼だけに集まるので、もったいぶってるわけではなく、あくまでもフリーエージェントになる選手の今後を考えての措置ということらしい。

現役時代はトキシックとして知られていたあのFlameが今ではこんなことを話すようになるとは…😂👍