maxresdefault (3)

[追記2] ダラスのSeagullが現役引退を発表、今後は配信業に専念へ、健康面での不安も吐露


ダラス・フューエルのBrandon “Seagull” Larnedが現役引退を発表し、今後はフルタイムのストリーマーとして活動していくことを明らかにしました。

突然のショッキングなニュースではありますが、以下はAeroコーチのコメント。

「今シーズンSeagullがダラスにもたらした万能さとハイレベルなスキルは将来有望なすべてのオーバーウォッチプレイヤーが学ぶべき手本です。彼のゲームへの理解度と適正の高さはこれまでオーバーウォッチシーンで見た中でもベストであり、彼はフューエルのゲームの内と外において重要なリーダーでした。彼の将来の成功を祈っています。」

さらに、Seagull引退を惜しむMike “Hastr0” Rufailオーナーのコメント。

「我々はBrandonのことを愛してやみません。」

「Team Envyが北米のオーバーウォッチシーンを支配していたときにSeagullはチームに加わりました。浮き沈みの激しいダラスの今シーズンをとおして、彼はチームに貢献してくれました。我々はBrandonの決断を支持し、彼は我々と素晴らしい関係の中で去ることになります。彼がオーバーウォッチのプロフェッショナルとしての最後をダラスで飾ってくれたことを我々は喜んでいます。」

いまのところ引退を決断するに至った詳しい説明がないので確かなことはわからないものの、8月の契約更新期間で契約を延長せずにプロとしてのキャリアを終わらせることをあらかじめ決心していたのではないかと思います。

チームはしばらく前から彼の決断については知らされていたそうです。

Seagullは以前からOWLはあくまでもひとつの冒険で、本業はストリーマーということを何度も話していたので今後は本格的にプロストリーマーとしての道を歩んでいくことを決断したのでしょう。

今日の配信ではプロ選手として活動していくことと、ストリーマーとしての両立が難しいことが今回の決断に至ったと話していたらしい。

尚、彼はオールスターゲームにも選出されていますが、視聴者から出場するか聞かれたところ、まだわからないと答えていた模様。今回の引退発表とは直接関係ないものの、欠場することになりそうなコミットメントが他にあるそうです。

[追記2]

プロアスリートとプロゲーマーの両立は難しかったのか、肉体面でも精神面でも問題を抱えていたらしく、体重は40ポンドも増えて、睡眠時の無呼吸症候群にも悩まされていたそうです。

以下は本人のコメント

僕のストリームと配信をずっと楽しみにしてきたファンを犠牲にするようなことはもうこれ以上はしたくなかった。僕はこの2年間何度何度も自分に嘘をついてきた。ここに座ってプロ選手とストリーマーを問題なく両立できるだろうとね。だけど、10時間練習した後では「楽しみにしてる1~2万人の視聴者のためにログインしなくちゃ、ボタンを押して配信をはじめなくちゃ、でもなんだかクソみいたいな気分だな」こんな感じさ。僕はベストな状態で配信ができないくらいなら、配信しないことで視聴者が減るほうがいい。クソみたいな状態でストリームなんてしたくないからね。

o7 Mr. Seagull!

Watch wrecking gull from A_Seagull on www.twitch.tv