SV2HSWCEM6051532817684707

グランドファイナルの主な成績とピックレート


ロンドン・スピットファイアの優勝で幕を閉じたオーバーウォッチリーグ・シーズン1・グランドファイナルの選手成績です(Wisnstons Lab調べ)。

DjOjU80XoAAA7qf

シリーズ2試合を通しての合計スタッツになりますが、ファイナルMVPに選ばれたProfitはチームのファイナルブローの25%以上を占めています。

こちらはシリーズ初戦の公式ボックススコア(計4マッチ)。FBは公開されていません。
Maps score: https://imgur.com/a/4WoC1wE

今日のシリーズ2戦目(計3マッチ)。
Maps score: https://imgur.com/a/wRJe3rl

以下は両チームのヒーローピックレートとロール構成の割合です。Wisntons Labのページではマップごとの詳細なピックが確認できます。
https://www.winstonslab.com/matches/match.php?id=3399

どちらもメインのコンポジションに大きな差はなく、パッチ1.25で行われたファイナルではダイブ、ダブルスナイパー、オリーサホッグ、1ヒーラーといった組み合わせを軸に戦いを進めていたようです。

London Spitfire

SnapCrab_NoName_2018-7-29_8-55-12_No-00

Philadelphia Fusion

SnapCrab_NoName_2018-7-29_8-56-19_No-00

By Players

SnapCrab_NoName_2018-7-29_8-58-46_No-00

そしてあのESPN(ESPN ESPORTSではなく本家のESPN)もファイナルで大きなインパクトを放ったProfitの印象的な2つのプレーをツィートしています。グランドファイナルの模様はコアなスポーツファンが視聴するESPN1でも生中継されていた模様。

まずは初戦で文字通り試合を決めたトレーサーでのクラッチプレー。ライブではカメラがProfitをまったくフォローしてませんでしたが、こちらはその時のProfitのPOVリプレイ。

そして今日の開幕ジャンカータウンでのフィリーの勢いをそぐドラゴンストライク。放送中のプレー分析では影のMVPとも言えるGestureがオリーサのストップで相手チームを一纏めにしたところにドラゴンストライクが刺さるシーンが映し出されていました。