AX0FWWDDAMJH1520623001846

OWLチームに見られるSeating Metaとは?


最近OWL観戦者の間でちょっとした注目を集めている”Seating Meta”をご存知でしょうか?

このシートメタについて簡単に分析しているポストがあります。

鋭い人ならこのスレッド名である程度想像できるかもしれませんが、このシートメタの存在についてキャスターではじめて言及したのがUberの相棒Mr.Xです。

Mr.Xは先日のボストン対上海戦のハーフタイムで交代選手を入れた上海の席順が変わったことに気づきます。Mr.Xは、その理由を中国語を喋れる者同士を隣接させるためとコメントしていますが、一方で特定のロール同士(後述)が隣り合わせに座ることで隣接するプレイヤーの画面を直接確認できるメリットについて指摘しています。

さらにこれを裏付けたのが今日のロンドン対サンフランシスコ戦で、Gestureが隣に座るProfitのPOVを確認しながらプレーしているのがはっきりフェイスカメラにも映っています。

このSeating Metaに着目したユーザーがここ最近の各チームのシートオーダーを検証しています。

まず前述の試合の上海の先発オーダー。()内の略語はロールです。

Altering (MS) – Chinese

Freefeel (FS) – Chinese

Geguri (OT) -Korean

Diya (FD) -Chinese

Fearless (MT) -Korean

Ado (Tracer) -Korean

その後、Mr.Xが指摘したハーフタイムの選手交代後のオーダー変更。ここでは中国語を喋れる選手同士を隣接させたため、後述するオーダーパターンに当て嵌まらない席順になっています。

Altering (MS) – Chinese

Diya (FD) – Chinese

Sky (FS) – Chinese

Geguri (OT) – Korean

Fearless (MT) – Korean

Ado (Tracer) – Korean

次に同試合のボストンのオーダー。ほぼ上海先発オーダーのミラーと言えますが、トレーサーとフレックスDPSの位置が入れ替わっているだけで、これも後述するパターンに当て嵌まります。

Kellex (MS)

Neko (FS)

Note (OT)

Striker (Tracer)

Gamsu (MT)

Mistakes (FD)

ヒューストン戦でのヴァリアントはどうでしょうか。これも似たようなオーダーで共通のパターンを踏襲しています。

Custa (MS)

Kariv (FS)

Agilities (FD)

Space (OT)

Soon (Tracer)

Fate (MT)

ポストには記載されていませんでしたが、この他のチームもヒューストンを除くと上記のシートーオーダーと概ね共通するパターンで選手が座っています。キーとなるペアはトレーサーとメインタンクで、Mr.Xが指摘していたように、どのチームでも常にこのロールが隣り合わせで座っています1

さらにどのチームもメインとフレックスサポートそれぞれが必ず隣同士(上記交代後の上海とヒューストンを除く)になっています。オフタンクとフレックスDPSはチームによって異なりますが、彼らのうちどちらかは必ずフレックスサポートの隣に座っています2。また、NYXLのようにオフタンクとフレックスDPSで二人のサポートを挟み込むケースもあります(Meko、Jjonak、Ark、Pine/Libero)。

上記サブ投入後の上海を除くと、これらのパターンに当て嵌まらないチームがヒューストンです。Rawkusはチームのシートオーダー(Jake、Rawkus、Coolmatt)を米国代表をPRするための並びと答えていたそうですが3、どこまで本気なのかは分かりません。ヒューストンは他のチームと比べてやや特異な戦い方をするだけにそういったこともオーダーに反映されているのかもしれません4

Bani (MS)

Linkzr (FD)

Muma (MT)

Coomatt (OT)

Rawkus (FS)

Jake (Tracer/flex)

今回の分析にはいくつか不備があったものの、各チームのシートオーダーには一定の法則や共通項が見られるのも確かです。これからは試合中の選手の席順に注目してみるのも面白いかもしれませんね。

脚注:

  1. この点少し補足すると、フィラデルフィアはSnilloが入った時のみこのトレーサー/メインタンクのパターンに当て嵌まります。

    ダラスもEffectがいる時はこのパターンですね。フロリダはSaya加入以降トレーサーを担当することが多いTviQがメインタンクの隣りですが、同じくトレーサーを担当するLogixやSayaはこのパターンに当て嵌まりません。

    他にもコンポジションや途中交代によってこのパターンに当て嵌まらないこともありますが、トレーサー/メインタンクのオーダーはほとんどのチームに共通のパターンと言えます。

  2. ただし、これもグラディエーターズやフロリダのように当て嵌まらないケースもありますね。
  3. これも補足するとメインタンクの隣に座るLinkzrがマップによってはトレーサーを担当することもありますし、フレックスサポートの隣にオフタンクが座っているのは共通しています