symmetra2

シンメトラのリワーク情報その2 ー 武器、テレポーター、フォトンバリアに大幅な変更


シンメトラのリワーク情報その2です。Goodman氏から武器の仕様変更、テレポーターが通常スキルに、大幅に仕様が変わったフォトンバリアがUltになることが明らかにされました(シールドジェネレーターは削除)。

今回はコメントがとても長いので間違いがあれば後で訂正しておきます。

—————

– 武器については何か変更はあるか?

いくつかのことを試しているが、現時点でうまく機能しているのはプライマリ武器の変更。この変更でプライマリはロックオンしなくなり、直線上のかなり太い(fairly thick)ビームを吐きレンジも伸びている。これまで同様にダメージを継続することでダメージ量が増えていく。そして、そのダメージ量は30/60/120/秒から65/13/195/秒になっているが、ダメージ量が次のレベルに達するためには、これまでの1秒ではなく2秒の継続ダメージを与える必要がある。これは潜在的なダメージ量は大幅に増えるものの、最大ダメージに達することが難しくなったことを意味する。さらにビームがバリア(シールドも含むと思われます)にヒットすると弾薬を消費するのではなくチャージするようになる。これはシンメトラがバリアを破壊するだけでなく、そのバリアから補充した弾薬を利用し相手を倒すことに長けたヒーローであるということを意味する。

シンメトラのセカンダリ武器はリワーク後も同様にチャージ式でプロジェクタイル弾を吐くが、大きな変更点もある。まず最初に、最大チャージに達する時間が2秒から1秒に減っている。次にプロジェクタイルの弾速が大幅に増加し10㍍/秒から30㍍/秒に増えている。最後に敵にヒットした際に貫通するのではなく、敵やオブジェクトにヒットした時に爆発し範囲ダメージを与える。このダメージ量をどの程度にするかは盛んにテストしているところでフォトン弾の直撃ダメージはだいたい130ダメージあたりで揺れ動いており、直撃ダメージの大部分(large %)を範囲ダメージとして与えることになる。

繰り返しになるが、現在はテストを繰り返している段階であり、これらの変更もすべて今後変わる可能性があるが、シンメトラのリワークがどういった現状にあるのかを知らせたいと思っている。

– Ultはどうなってる?

ここまで書いてきたので残りの変更点に関してもリワークの流れを理解するためにも書いておくべきだろう。

シンメトラのテレポーターは「E」キースキル(通常スキル)になる。そしてフォトンバリアがUltになるが、これには大幅な変更が施されている。

テレポーターは以下のように機能する:テレポーターの出口を設置すること自体はこれまで通りだが、リワーク後は目の前ではなく25㍍離れた場所まで出口を設置することができる。そして出口を設置するとテレポーターの入口はリスポーン地点ではなく、シンメトラの眼の前に出現する(つまりシンメトラがいる現在地を起点として最大25㍍離れた好きな場所にテレポートできるということでしょうね)。このテレポーターの出現時間は短いものの、味方は何度でも入ることができる。その他の要素もテレポートさせるかどうかを実験しているが、今の段階ではトールビヨンのタレット、DVAの自爆、ジャンクラットのタイヤ等もテレポートすることができる。これらの変更はシンメトラでのプレーをユニークで相手の意表を突くような楽しいものにする。テレポーターがないと高台に上がるのが難しい構成でもオフェンス時に高台にポジションをとることが可能になる。テレポーターのHP(シールド含む)は300に減り、入口も攻撃対象となる。もし出入口のどちらかが破壊されればもう一方も消失する。

フォトンバリアはUltに移り、今までとはまったく違うものとなる。これまでのようにバリアは移動式ではなく固定のバリアウォールを設置することになる。このバリアは事実上無限の大きさ(effectively is infinite in size、おそらくウオール幅のことかと)がありHPは5000ある。シンメトラはこのウォールをメイのアイスウォールと似たようなやり方で設置することになるが、これはある程度離れた場所に、方向を変えて設置できることを意味する。

これはまだ開発初期段階であり、ヴィジュアル、アニメーション、サウンドなどの作業をはじめたばかりであるため、まだ未完成な状態にある。新たなシンメトラをいつ見せることができるのか、プレーしてもらうことができるのかは分からないが、できれば長くはかからないようにしたいと思う。

– サイズが無限でHP5000とはクレイジーですね。

プレイテストは本当に興味深いことになっている。多くの使い道があるし、どこで置くかがとても重要になってくる。マップ全体を横切るためハンゾーのUltのようにリスポン地点から交戦地点目掛けてウォールを出現させることもできる。

– シールドジェネレーターは削除されたということ?

そのとおり、今のところシールドジェネレーターは存在しないということになる。