85UK4LOOX4PI1524599223471

S4のウィドウがステージ3でキルを連発する理由はFissureにあり?


オーバーウォッチリーグ公式サイトでウィドウメーカーのデュエルランキングが掲載されています。

Rank Player Final Blows vs. Widowmaker Deaths to Widowmaker Ratio
1 Sayaplayer 45 15 3
2 Fleta 70 36 1.94
3 Architect 17 11 1.55
4 Carpe 90 68 1.32
5 birdring 58 48 1.21
6 Asher 19 16 1.19
7 LiNkzr 109 93 1.17
8 Saebyeolbe 31 27 1.15
9 Surefour 56 49 1.14
10 SoOn 44 40 1.1

まずはウィドウで相手のウィドウをキル(FB)した数と相手ウィドウにキルされたK/Dレシオのトップ10です。データはシーズン全体を対象としています(10K10D以上の選手が対象)。

まだOWLでのプレータイムが短いという影響もありますが、ステージ3から加入したばかりのSayaplayerとArchitectがトップ3に付けています。

Rank Player Final Blows vs. Widowmaker Deaths to Widowmaker Ratio
1 Fleta 30 8 3.75
2 Sayaplayer 45 15 3
3 Saebyeolbe 12 5 2.4
4 Surefour 25 16 1.56
5 Architect 17 11 1.55
6 Pine 26 23 1.13
7 SoOn 15 14 1.07
8 Carpe 29 29 1
9 birdring 12 13 0.92
10 LiNkzr 34 45 0.76

ステージ3に絞ったデータ。ステージ2ではジブラルタルでキルを荒稼ぎしたというLinkzrが大きく数字を落とす一方で、SBBやSurefourが順位を上げています。

ここでステージ3で数字を伸ばしたSurefourにちょっとした逸話が紹介されています。

ステージ3からグラディエーターズに加入したFissureは、Surefourに対して僕らのウィドウは別にすごいわけではないと酷評したところ、猛練習したS4はステージ3でキルを連発するようになったそうで、Fissureは彼のプロ根性を讃えています。

そのSurefour曰く「ウィドウのマッチアップは80%がチームからどれだけサポートを受けられるかで、ウィドウ本人の力は20%だけ」とのこと。

OWLにおけるウィドウメーカーのデュエルでは自分の位置を悟られずに相手の位置を先に察知したほうが勝利を手にすることがほとんどであることから、こういったデリケートな情報戦を制するためには、チームのスカウティングと位置を知らせるコール、そして味方が相手ウィドウの注意を引きつけるといったサポートが重要になるそうです。

余談ですがが、この記事を見てLinkzrがDinkzrと呼ばれている理由がやっとわかりました。

FPSではヘッドショットが決まった時に鳴る効果音をdink soundと言うらしく、どうもそれがHSを連発するDinkzrの由来になっているようです。