uncleswagg-twitter-image

[追記] OWLのチャンネルモデレーターがセクハラ疑惑で登録抹消に


XQCの騒動で陰に隠れていますが、オーバーウォッチコミュニティではもうひとつ大きなスキャンダルが発覚し話題となっています。

この騒動の主人公はオーバーウォッチリーグのTwitchチャンネルでモデレーターを務めていたUncleswagg。OWコミュニティではよく知られたモデレーターの一人でもあります。

この人物が女性ストリーマーであるCher Scarlettさんの元彼が流出させたと思われるリベンジポルノ画像を入手しインターネット上に複数回アップロードしていた疑惑が、この女性の告発ポストにより明らかにされました。

Cherさんは2012年から2013年にかけて自身を含む複数女性の流出画像コレクションがimgurにアップロードされてることを知り、Uncleswaggにコンタクトをとったにも関わらず、Uncleswaggはこれを楽しむかのようにアップロードを繰り返していたそうです。また、このUncleswaggはCherさん以外にも著名ストリーマーの流出画像を多数入手しコレクションしていた人物と言われています。

最終的に画像は削除されたものの、Cherさんは2017年の夏に同様の画像が再度アップロードされていることに気が付きます。

UncleswaggがOWLなど複数のチャンネルモデレーターであることを知ったCherさんはUncleswaggを告発し、これを受けたUncleswaggも容疑を否定することなく自分を信じていた人々を失望させてしまったことへの謝罪をツィッター上で述べてはいたものの、Cherさんに対しては2017年の再アップロードに関しては自分ではないと疑惑を否定していたとのこと。

この告発がポストされる前にUncleswaggはブリザード側から何の告知もなくモデレーターから抹消されたとしてブリザードによる不当な扱いを訴えていましたが、おそらくは事情を知ったブリザードがUncleswaggをモデレーターから削除したのではないかと思われます(Cherさんはブリザードの元社員)。

Uncleswaggはこのスキャンダル前にトータル150チャンネル以上でモデレーターを務めており、現在もコンテンダーズシリーズなどのモデレーターとして登録されている他、告発後に削除されるまではSeagullやXQCのチャンネルモデレーターとして登録されていました。

[追記]

ブリザードからこの件に関してレスポンスがあり、Uncleswaggはあくまでもコミュニティからボランティアで組織されたモデレーターの一員であり、ブリザードとの雇用関係はないそうで、既にこのモデレーターチームは解散しているとのこと。