UJG5256SSWVJ1511996842663 (1)

[追記2] OWLがTaimou、XQC、Tairong、Silkthreadら4人らを懲戒処分、XQCは4試合の出場停止も本人に反省の色なし?


オーバーウォッチリーグはダラスのTaimou、ヒューストンのTaiRongコーチ、ロサンゼルス・ヴァリアントのSilkthread、ダラスのXQCの4名が、リーグが定める行動規範及びブリザードが定める使用許諾に違反したとして、これらの選手にそらぞれ懲戒処分を科したことを明らかにしました。

以下、罪状。細かい内容はリンク先参照してください。

—————

  • Taimou…配信中の同性愛者に対する差別的な発言。罰金1000ドル。

http://d3watch.net/?p=6925
http://d3watch.net/?p=6886

  • TaiRong…不適切なミーム画像をツィートする。その後、謝罪し広島平和文化センターに1000ドルを寄付していることから、リーグからの罰則は訓告のみ。

http://d3watch.net/?p=6645

  • XQC…リーグのライブ配信中、OWL公式チャンネルにて、黒人ホストのMalik Forté氏が画面に映った時に、”Trihard”のエモートをポストしたため、リーグはこれを差別的発言と判断した模様。ただし、本人はこのエモを今年1月から計187回スパムしたものの、同ホストが画面に映った時のエモは偶然と主張(”Trihard 7″は挨拶や敬礼の意味でも使われるエモで、Forté氏にも直接事情を説明したとのこと)。この他、SNS上でOWLキャスターを「ガン(cancer)」呼ばわりし馬鹿にする(その後、ツィートは削除し一応は謝罪)、自身の配信中に他チームの選手へのトラッシュトーク(JakeやFateなど)を公然と繰り返したことが行動規範に反するとして、前科もあることから罰金4000ドルと4試合の出場停止処分(3/12から適用)。

  • Silkthread…詳細不明ながらアカウントシェアにより1000ドルの罰金。同様の行為は以前に上海ドラゴンズの選手にもありましたが、チーム内で罰金処分などを科したことから、今回はリーグとしての処分は見送ったのかもしれません。
[追記2]

リーグからの処分が発表された後の配信にて、今後は選手を引退し学業への復帰を示唆、しかし最後には”Jebaited”(釣り)であるとニンマリするXQC。配信では今回の件に関する反省の弁を述べてはいたものの、本人としては処分に納得いっていないのかもしれませんね。