overwatch-share-3d5a268515283007bdf3452e877adac466d579f4b44abbd05aa0a98aba582eeaebc4541f1154e57ec5a43693345bebda953381a7b75b58adbd29d3f3eb439ad2 (1)

[追記] Overwatch Patch Notes – January 9, 2018(マーシーとジャンクは変更なし)、パッチノート未記載の変更あり


本日、ライブ鯖に最新パッチ(1.19.1.3)が適用されました。

OWLのユニフォームスキン追加とゲーム内にOWL専用のメニュー(OWLスキン購入はこのメニューから)が追加された他、ゼニヤッタの調和/不和オーブのターゲットのヘルスバーがUI表示されるようになりました。また、バリア、アイスウォール、シールド、ゲンジの反射などにヒットした攻撃は「武器命中率」に影響を与えなくなりました。

PTRで調整が続けられているマーシーとジャンクラットについては特に変更ありません。また、ドゥームフィストのバグも大量に修正され、RIPタイヤが空中や屋根上を移動している間も音が聞こえるようになってます。

[追記]

パッチノートには未記載のようですが、先月、PTRで調整されていたキャラクター移動の挙動変更も今朝のパッチで適用されているようです。

傾斜の移動速度や空中での制御に関する変更ですが、詳しくは以前の記事を参照してください。全ヒーローが対象ですが、ウィンストンのリープ以外にもトレーサーのように敏捷性の高いヒーロー(またはサイズの小さい?)の使用感が僅かに変わってるらしいです(相手からするとサイズの小さいヒーローが左右をスパムした際に今までよりも攻撃が若干当てやすくなったとかなんとか)。※要検証、ごく僅かながらキャラクターの移動に慣性(movement acceleration)がついたとのリポートあり。