PhiladelphiaFusion-Logo_OWL

OWLチームガイド⑤~フィラデルフィア・フュージョン


2018年1月11日から開幕する『オーバーウォッチリーグ』に参加するチームを紹介します。第5回目はフィラデルフィア・フュージョン(Philadelphia Fusion)です。

※このガイドはredditにポストされた以下のガイドを翻訳/編集したものです。開幕までに全チームガイドを完成させることを目標にしています(あくまでも目標)。選手名をクリックすると顔写真が確認できます。

Philadelphia Fusion

Fusion’s Twitter – Comcast’s Franchise

Players

Note: フュージョンは所属選手の出身国が9カ国というリーグで最も多国籍なチームだ。

Tanks

1. Joona “fragi” Laine – Twitter / Twitch

Fragi (元Team Gigantti, Ninjas in Pyjamas) はフィンランド人のメインタンクプレイヤーで、ラインハルトとウィンストンでその実力を証明している。Contenders Season 1を含め数多くのメジャートーナメントを戦ってきた戦歴を有し、EUシーンでは長期間トップレベルで活躍してきた。特にラインハルトの能力が高く、時として欧米でベストのラインハルトと称されることもある。

🎞- 完璧なタイミングでフックをブロックしシャッターで相手チームを始末するFragiのラインハルト。
https://clips.twitch.tv/FuriousHealthyNikudonSuperVinlin

2. Gael “Poko” Gouzerch – Twitter / Twitch

Poko (元Gamers Origin) はフランス人のオフタンクプレイヤーで、DVaとザリアでのプレーを得意としているが、ソルジャーやウィンストンといったヒーローをプレーすることもある。EUシーンでは間違いなくベストザリアのひとりと言える。

🎞- ランクマッチを戦うPokoのザリア。
https://clips.twitch.tv/ShyProductiveKumquatStinkyCheese

DPS

1. Jae-Hyeok “Carpe” Lee – Twitter / Twitch

Carpe (元FaZe, Selfless, BK Stars) は韓国人のスーパースターDPSだ。APEXやContenders NAを含め、韓国とNA双方のトーナメントで確かな経験を有しており、Contenders NAでは前所属のFazeで準優勝に貢献している。ゲンジ、トレーサー、マクリー、ソルジャー、ハンゾー、ウィドウメーカーといった多くのDPSヒーローでもその実力を証明している。

🎞- Carpeのエイムの正確さを物語るマクリー。キル数こそ平凡だが、ミスショットは一度だけだ。
https://clips.twitch.tv/PeacefulTentativeNeanderthalCoolStoryBro

2. George “ShaDowBurn” Gushcha – Twitter / Twitch

ShaDowBurn (元FaZe Clan) はゲンジの代名詞にもなっているロシア人プレイヤーで、オーバーウォッチシーンでは初期の頃から活躍している。世界最高峰のゲンジのひとりとして評価されており、CarpeとのDPSデュオはContenders Season 1で素晴らしい連携を見せチームを準優勝に導いている。ゲンジ以外ではファラ、ザリア、ドゥームフィストでのプレーが優れている。

🎞- 無数にあるShaDowBurnのハイライトの中からひとつ。
https://clips.twitch.tv/WiseExquisiteGorillaBibleThump

3. Josh “Eqo” Corona

Eqo (元Zengaming Esports) はイスラエル人のDPSプレイヤーで、イスラエル人で固められた前所属チームではそのメカニカルスキルが際立つ存在だった。チームでの成功は限られていたが、ソルジャー、ゲンジ、ファラ、トレーサー、ソンブラ、ロードホッグ、ザリア、DVa、ハンゾーといった幅広いヒーロープールで名を挙げている。

🎞- ゲンジの龍神剣での4キル。
https://clips.twitch.tv/TangibleBoringPistachioCurseLit

4. Simon “snillo” Ekström – Twitter

snillo (元123) は前途有望なスウェーデン出身のDPSプレイヤーだ。OWL S1では規定年齢に達するシーズン途中からプレーすることになる。前所属のTeam 123はアマチュアチームながらContenders EU Season 0で2位、Season 1では3-4位の成績を残している。ここ最近はトレーサーとして優れたスキルを披露しているが、ソルジャーの能力も極めて高いプレイヤーだ。

🎞- スウェーデン代表としてプレーした今年のワールドカップで的確にパルスボムを決めていくsnilloのショートモンタージュ。
https://clips.twitch.tv/WiseExquisiteGorillaBibleThump

Supports

1. Isaac “Boombox” Charles – Twitter / Twitch

Boombox (元EUnited, Cyclones) は才能に恵まれた英国出身のサポートプレイヤーで、特にゼニヤッタでは卓越したプレーを見せる。この20歳の青年は今年のワールドカップで英国代表の本選出場とEUnitedのContenders EU Season 0優勝に大きく貢献している。現在、世界屈指のゼニヤッタ使いのひとりでもあり、ラダーではサポートプレイヤーとして何度かリーダーボードの1位に輝いている。精度の高いゼニヤッタのショットで知られ、集団戦の開幕でターゲットを仕留めるチャージショットは彼のトレードマークにもなっている。

🎞- 3人のプロ選手を片付けラウンドにけりをつけるBoomboxのゼニヤッタ。
https://clips.twitch.tv/CrispyVibrantSwanPartyTime

2. Jeonghwan “Dayfly” Park – Twitter

Dayfly (元Ardeont, Afreeca Freecs Blue) は韓国人のサポートプレイヤーだ。特にアナで優れた能力を発揮するが、ルシオ、マーシーもハイレベルでプレーすることができる。

3. Giuseppe “Joemeister” Gaetano Gramano – TwitterTwitch

Joemeister (元FaZe, Complexity) はルシオをメインにするカナダ人のプレイヤーで、強固なメカニカルスキルだけでなくショットコーラーや相手チームのUltマネージメントに目を光らせるプレイヤーとしても知られている。

🎞- サウンドバリアを仕掛けに飛び込んできた相手ルシオを空中で鮮やかにBoopキルするJoemeisterのルシオ。
https://clips.twitch.tv/CrispyVibrantSwanPartyTime

4. Alberto “neptuNo” González Molinillo – Twitter / Twitch

neptuNo (元Cloud9, Movistar Riders) はスペイン人のサポートプレイヤーでルシオメインとして知られているが、ザリアやソンブラ使いとしても素晴らしいプレイヤーだ。

🎞- neptuNoの能力の高さを物語るゼニヤッタでのチームワイプ。
https://youtu.be/hal0Lkm_AQc

Flex

1. Hong-Jun “HOTBA” Choi – Twitter / Twitch

HOTBA (元LW Red) は韓国人のオフタンクプレイヤーで、DVaとザリアで素晴らしい能力を披露している。また、ソンブラやソルジャーといったヒーローでも柔軟にプレーすることが可能だ。

🎞- DVaの自爆で4キルを決めるHOTBA。
https://clips.twitch.tv/FlaccidZealousSpaghettiDerp

Staff

1. Yann “Kirby” Luu – Head Coach/General Manager – Twitter

KirbyはHammers Esportsでコーチを務めていたフランス人で、その後ごく短期間だけ123に在籍した後、フュージョンに採用されている。

2. Elliot “Hayes” Hayes – Assistant Coach – Twitter

HayesはEUnitedがContenders EU Season 0を圧倒的な力で制した時にコーチを務めていた。

3. Sehuy “NamedHwi” Go – Assistant Coach – Twitter

NamedHwiはJoemeister, ShaDowBurn, Carpeと共にFazeから加入した韓国人コーチだ。それまでにLaser KittenzとBK Starsでコーチを務めていたこともある。

4. Ethan “Beezy” Spector – Analyst

※Sadoについての記述がありませんが、このガイドが書かれた時点で彼の処遇が明らかではなかったことが理由ではないかと思われます。

—————

次回はフロリダ・メイヘムのガイドを予定しています。