kaplan fun and serious

ジェフがOTP問題についてコメント


ジェフが昨日公開されたPC Gamerのインタビューの中でOTP1問題にも触れていたのでそこだけ取り上げます。

ワントリックはトキシックな行為であったり違法行為とみなされるのだろうか?

Jeff Kaplan: 処罰された個人の話題に偏りがちだからこの件について話すのは非常に難しい。

彼らが他の事由で処罰された可能性はある?

イエス。しかし、我々も彼らがどういった理由で処罰を受けたのかを細かく話せる自由があるわけではない。

ゲーム全体として見ればプレイヤーは好きなヒーローをピックできるしそれを禁止しているわけではない。どのヒーローをピックすべきかチームメイトが決めるわけでもない。私はチーム構成に柔軟に合わせようとするプレイヤーを尊重しているが、特定のヒーローばかりをプレーするからというだけで、そのヒーローで勝利のためにベストを尽くしている限り、そういった人々をBANすることはできないし、それがBANに値する違反行為だとは言えない( it’s not a bannable offence)。

ゲームが今のような形で機能している状態で、どのヒーローでのプレーが許され、どのヒーローでプレーすべきではないかを我々が示すことで、ゲームは非常に危うい状況に足を踏み入れることになると考えている。

オーバーウォッチの魅力は26人のヒーローが存在するというファンタジーであり、プレイヤーはいつでも好きな時にそのヒーローになることができる。我々も彼ら全員が十分に使える、一定のチーム構成の範囲内でまっとうなピックなるように努力する。つまるところ、時にはカウンターピックに遭うこともあるだろうが、誰かのピックを他のプレイヤーの裁量によって決めさせるようなことはできない。

—————

この人まだこんなこと言ってるのね。「オフメタヒーローのワントリックであるというだけでBANされることはない」、その判断自体は間違ってないにしても、問題はそこじゃないだろっていうね。

ランクマッチでファラにカモられてるトールビヨンにピック変更を頼んだとして「ベストは尽くしてるから変えません」なんて言い分が果たして通るのかという話。ジェフは明言を避けてるけど、その辺のことをどう考えているのかはっきりさせないとこの問題はいつまでたっても終わらない気がする。


脚注:

  1. “one trick pony / one trick player”